聴くことと民主主義

久しぶりにトム・アーンキルさんのワークショップに部分的に参加してきた。去年、未来語りのダイアローグ(AD)の集中研修を受けて以来、この魅力にはまり、僕自身の生き方にも影響を与えている。今回も、トムさんの話を聴きながら、腑に落ち、また考えさせられる事があった。それが、「聴くこと」と「民主主義」の関係性について、である。

ワークショップの質疑応答の場で、一人一人の話を聴くことの重要性と平等性について関係を問われたトムさんは、こんな事を語っていた。

「これは民主主義の話でもあります。この話をするためには、4人の思想家について触れてみましょう。まずはフーコーの権力関係。関係性の中での心配事(Relational worries)を取り上げる際には、当然話し手と聞き手の間の権力関係にも自覚的でなければならない。次にブルデューの『資本』の話ですが、明らかに文化資本や社会関係資本が少ない・奪われた人がクライエントで、専門家の側がその逆になっている場合がある。その際、文化資本や社会関係資本を多く持つ側が、自らのその資本の多さを所与の前提としてしまうと、それは抑圧的な場や関係性にになる。文化資本が低いことが、ソーシャルネットワークの危機でもある、ということに自覚的かどうかが問われる。そしてトクヴィルの『アメリカの民主主義』。トクヴィルはアメリカ政治は民主主義的ではないが、アメリカの労働組合に民主主義を発見した、という。草の根の議論の中で、民主主義が息づいている、と。そして、最後はデューイの公共性。狭義の民主主義は国会だが、広義の民主主義は平場での議論だ、と。」

このトムの話は、僕の中で深く残った。ダイアローグが権力関係に無自覚な場で「道具」として使われると、安易に管理や支配の方法論に堕してしまう。それを乗り越える為には、民主主義的な関係性を築くための一手段としての対話、というプロセスにかなり自覚的である必要があるのだ。

このダイアローグと民主主義の関係性を考えていたとき、知り合いのかやさんとやりとりしていたら、こんな事を指摘された。

「民主主義ではない場に民主主義を持ち込むやり方はいびつに感じます。支援の中にある民主主義ではないものを取り除くことが大事なのに、ということに気づきました。取り除けば、自然とそこに民主主義的な場があるはず。たぶん。」

僕は以前から、精神科病院の中でのオープンダイアローグに反対してきた。そのことは以前のブログでも書いたことがあるのだが、かやさんの言葉を借りるなら、「民主主義ではない場に民主主義を持ち込むやり方はいびつ」だからだ。精神科病院の中では、明らかに患者と医療職の間での権力の非対称性がある。その権力の非対称性について、専門職が無自覚のまま、「さあ、遠慮なく対話しましょう」というのが、「いびつ」なのである。

そこまでは、以前のブログでも整理していた。ただ、今回のワークショップを受ける中で改めて考えたのは、かやさんの指摘した後段の、「支援の中にある民主主義ではないものを取り除くことが大事」と言う部分である。そして、ここに「聴くこと」という補助線を入れると、随分物事がクリアにみえてくるように思う。

まだ翻訳されていない、トムさんとセイックラさんの最新の主著の副題がRespecting Otherness in the Present Momentとなっている。これは、トムさんの講演時の一貫したテーマでもある。ちょっと意訳してみると、「いま・ここの瞬間に、他者の他者性を尊重すること」である。そして、これは「聴くことと民主主義」という今日のテーマにも大きく関連している。

「支援の中にある民主主義ではないもの」とは、支援における専門職支配のことであり、支援者の枠組みの中に当事者を当てはめることである。そのためのアセスメントでは、専門職が聴きたいことだけを聴き、当事者が本当に話したいことは「それは支援に関係ないから」と無視したり、聴かないでいる。

だが、他ならぬ「いま・ここ」でわざわざ支援者に向けて当事者が話し始めたことには、それなりの意味があるのである。それが、専門家の想定外であったから、アセスメントに無駄な雑談だと切り捨てるのか。どんな話であれ、いま・ここで話されているその「他者」の話に耳を傾け、自分が知らない「他者性」と向き合う事が出来るのか、で随分展開が変わってくる。

私たちは、「話すこと」については自覚的であったり、トレーニングを積んできたとしても、「聴くこと」については、無自覚で練習不足ではないだろうか。

僕は今回のワークショップで、ある人の悩みを聴く練習をしていた。その時、またいつもの悪い癖が出てしまった。それは、「相手が発言した言葉の通りに繰り返す、のではなく、相手の話を勝手にまとめる」という悪癖である。「それって○○ということですよね?」と。これは、「①相手の話をしっかり受け止めることなくことなく、②自分が勝手に相手の話を解釈し、しかも③その解釈を相手に押しつける」という三重の意味での権力関係の行使、なのである。これぞまさに「支援の中にある民主主義ではないもの」そのものであり、そしてこの非民主主義的な関係の行使は、権力の非対称的な支援や教育の現場で、しばしば起こっているのである。そして、それは僕が教育現場で侵し続けている愚でもある。

つまり、本当に民主主義的な教育や支援を取り戻そうとすれば、支援や教育の対象者ではなく、支援や教育を行使する側が、つまりは僕自身が、自らの「聴き方」を変えることから始めなければならないのだ。①相手の話が自分の想定外の内容であってもそのものとして受け止めた上で、②勝手な解釈をせずに、気になるなら③僕には「○○」と仰っているようにも思えるのですがどう思いますか、と発言者本人に解釈や判断を委ねる質問をする必要があるのだ。つまり、簡単に言うなら、話の主導権を話者本人に戻す、ということである。

支援や教育の現場ではこれまで、話し合いの主導権が支援する側・教育する側に全面的に握られてきたまま、であった。これこそ、非民主主義的なのである。支援や教育において、民主主義を取り戻す、とは、相手が話す際の主導権を相手に返す(専門家が相手の発言の主導権まで握らない)ということである。そのためには、専門家が聴きたいことしか聴かない、というスタンスを変え、ちゃんと相手の話をそのものとして受け止める、というスタンスの変更が求められる。そのためには、聴く練習を、専門家こそ自覚的に行わなければならないのだ。

明日の授業から、僕自身がちゃんと聴けているか、に自覚的になろう。そして、想定外の発言が飛び出した時にこそ、自分の聴きたい範囲に内容を縮減することなく、「いま・ここの瞬間に、他者の他者性を尊重すること」を実践してみよう。そう、心を新たにする研修であった。

兵庫県立大学に移籍しました

13年ぶりに、新しい職場で、新しい辞令を受け取った。

2018年4月から、兵庫県立大学環境人間学部に准教授として着任した。

久しぶりの関西で、50万都市の姫路という大都会に家族と一緒に移り住む。今年は引っ越し狂想曲が予期されたので、家も研究室も2月末には引っ越しをした。1ヶ月たって、やっと家もどこに何があるか、がある程度わかるようになり、研究室の70箱もほぼ空いた。物理的に環境は整ったが、新しい職場環境に慣れるのはこれから。よってしばらくは移行期混乱の渦中にいることになるだろう。

山梨学院大学時代は、法学部政治行政学科に所属した。今度は環境人間学部の環境共生社会コース(今年度からは社会デザイン系)というコースに属する。どちらも福祉学科ではない。でも、福祉士の国家資格も持っていないし、養成過程教員の研修会にも行っていない僕には、福祉学科では採用される見込みはない。それに、法学部政治行政学科時代は、福祉国家や市民社会論など、この学科に所属するからこそ、守備範囲を広げることができ、政治学や行政学の先生方から沢山のことを学ばせて頂いた。

そして大学で地域福祉論を教えたり、現場での地域福祉課題と向き合う中で、次第に従来の地域福祉の射程の狭さ、が息苦しくなってきた。家や研究室の本棚の整理を手伝ってくれた元教え子のフジワラさんが、「福祉以外の本がメチャ多いですね」と言っていたが、ある時期から、福祉現場で抱いた問いを解決するためには、既存の福祉の本では満たされなくなってきた。なので、上述の福祉国家論や市民社会論、だけでなく、地方自治論や都市計画、地場産業、コミュニティ論など読み漁ってきた。ここ数年は家族療法やオープンダイアローグ関連、それに子どもが生まれて以後、子育て支援や保育関連の本も五月雨式にふえ、相変わらず専門が何だかわからない状態である・・・。

閑話休題。
そんな模索の過程の中から、岡山ではじめた『無理しない地域づくりの学校』。この学校の「教頭」でもある尾野寛明さんが「福祉が中心ではなく、地域が中心だ」と本の中でも明言してくれたのが、最近の僕には一番しっくり来ている。「住民にとって、福祉は地域の一部でしかない。買い物難民や農村振興、地場産業や獣害対策など、様々な地域課題の一つとしての福祉でしかない」と。そう、地域福祉を考える際に、この「大きな地図の中での位置づけ」がないと、地域の住民のリアリティからかけ離れた、福祉専門職のみのタコツボ議論に陥るのである。実際、獣害や買い物難民の問題、商店街や農漁業の後継者不足は、少子高齢化問題と直結している。厚労省や国交省、農水省や総務省と縦割りにしているから、関係がないようにみえても、地域ではそんな縦割りでは、問題は解決しないのだ。

今度の環境人間学部は日本では一つしかない学部。20年前から文理融合で作られた学部で、土木や建築、環境工学などの先生もいる学部の中で、僕が所属するのは社会デザイン系。同じ系の中には、防災教育や都市計画、農村計画やシティープロモーション、社会経済地理学など、魅力的な研究をしておられる同僚の方々がおられる。僕自身がまさに学びたいと思っていた領域の専門家とご一緒出来る。これは、僕自身にとっての願ったり叶ったりのチャンスである。また、大学院の講義も来年度から担当するのも、常勤としては初めての経験。よって、久しぶりに准教授に戻り、一念発起して、ガッツリ勉強し直そうと思っている。

ちなみに、姫路に一ヶ月暮らしてみての感想は、イエテボリやサンフランシスコに似ている、という印象。14年ほど前にイエテボリに半年暮らし、サンフランシスコは調査で何度も訪れた。共に港町で、第二の都市で、魚が美味しい。買い物はこの街で完結できるだけでなく、工業地帯やオフィス街もあり、近隣の官公庁の集積地で、郊外では農業が盛ん。歴史があり、独自の文化も持っていて、かつ雑多な人々の集まりという意味でも多文化な街。

事実、正月には未だに酢蛸や煮貝が振る舞われるほど、山国で活きのいい魚とは遠ざかっていたのが、山梨時代の数少ない不満だった。だが、こちらは瀬戸内や鳥取沖の新鮮な魚が近所のスーパーでも手に入る。うまい甲州ワインやサクランボ、ぶどうに桃は入手しにくくなったが、毎日新鮮な魚が食べられるのは、ありがたい。40代に入り、脂っこいものばかりだと身体が重くなり始めていたので、タンパク質を魚で取れるのは、本当に嬉しい。

ただ、のんびり甲府で暮らしていた13年間が快適だったがゆえに、この人の多さや、車の渋滞、などには、まだまだ全然慣れない。姫路での生活リズムを作るのは、まだ始まったばかりである。

落ち着いたら、兵庫や岡山、鳥取など近隣県のオモロイ現場を色々訪問したい、などの妄想は広がる。ただ、まずは職場になれることが、第一歩。ここで飛ばしすぎると5月病がきつそうなので、関西弁でいう「ぼちぼち、いこか」である。