「資本主義的能力」へのザワザワっ感

 

2週間弱、ブログの更新が止まっていた。
すんません、生きております。元気でもおります。でも、まとまった時間がないんす。

一塊の文章を、出来れば他者の見解も入れながら書き留めようとすると、小一時間ほどかかる。その小一時間が、ここ最近、全く取れなかった。この2週間で一泊二日の出張二回、日帰り出張二回、丸一日の研修一回、講義に原稿に校正にと、目の前の雪の山をかいてもかいても減らない日々。挙げ句の果てに、そんな時間のない中で結構頑張って書いたとある原稿が、依頼元の都合で半分以下に削られる運命に。とほほ、と脱力しそうになる。でも、今日明日はセンター試験のお仕事なので、脱力してもいられない。痩せる思いだが、実際はジムにも行けないので、太りそう。今晩は仕事帰りにこってり泳がねば

そう、あんまり時間が取れないので、いつもの半分の時間で、メモ代わりにでも書いておかないと、フラストレーションがたまる。そこで、今日は30分一本勝負なのであります。

普段色々勉強させて頂いているとみたさんのブログは、今年、更新頻度がグッとあがり、考察されている内容も面白い。今朝読んだ文章ではこんなことが書かれていた。

『大きく引っ掛かっているのは「社会起業」ということばや概念なんだということがだんだんわかってきました。NPOの世界やその周辺の中で、最近、常に語られる「社会起業」。(略)いま、私たちが暮らしている社会の中で、できうることを少しずつ取り組んでいくという視点からみると、当然、これらはありなのでしょうが、どうしても、「資本主義的能力」を前提とした「強い個人」をその主体とする理屈にのって話をするときに、どうしても、ザワザワっとした違和感を感じているようです。』

僕自身もザワザワっ感を感じていたが、こういう風に文字化してくださると、「そうそう」と思わず頷いてしまう。こないだも金子郁容氏の「コミュニティ・ソリューション」を読んでいて感じたザワザワっ感である。金子氏曰く、

「インターネット社会では、次の二つの方向性が同時に進行するであろう。(略)
G
軸-世界が平準化しグローバル・スタンダードが支配的になる。
マーケット・メカニズムが一層重要になりグローバルな活動が必要となる。
C
軸-文化的・経済的多様性と分散化が進む。
たくさんの新しい関係性が発生し多種多様なコミュニティが形成される。
(略)
企業、NPO、行政などの組織がインターネット社会で生き残るには、グローバル性に特化するか、コミュニティ性を高めるか、それとも、(かなり難しいが)その両方を同時に進行するかの三つにひとつということになる。」(金子郁容「コミュニティ・ソリューション」岩波書店、p82-83

この整理自体は「すっきりしている」し、「美しい」のだが、何だか引っかかる部分がある。それがなんだろう、と思っていたのだが、金子氏の整理の背景にはとみたさんのいう『「資本主義的能力」を前提とした「強い個人」をその主体とする理屈』があるように感じられる。

社会起業も、何冊か囓ってみたが、やはりその中心には「強い個人」がいる。もちろん、そういう人々が何らかの器を作って、ソリューションを考えていくのだが、そこには「この人がいなくなってしまってはオシマイ」の壁が常にある。これは「強くない(=弱い)個人」を支える仕組みである時には、非常に危険なロジックだ。特に福祉の現場って、これまでだって公的支援が弱い中で、アントレプレナー的にゼロから構築してきた名うての支援者が一杯いた。そういう現場をすごいなと眺めていて、でも感じる危険性は、「この組織はあの人がいなくなればどうなるのだろう」という問題。人に依存するヒューマンサービスの組織では、ある程度仕方ない、ともいえなくないのだが、でも、組織が潰れてこまるのは、サービスを受けている「強くない(=弱い)個人」。しかも、その人の「弱さ」は、人間的なもの、というより、「資本主義的能力」という部分的な「弱さ」である。それを補完する為の仕組みが、「資本主義的能力」に基づいた論理で構築されていたら、危ういのではないか。何だかそんなことを感じている。

どうも尻すぼみだが、そろそろ出社の時間。続きはまた、細切れの30分に。

投稿者: 竹端 寛

竹端寛(たけばたひろし) 山梨学院大学法学部政治行政学科教員。現場(福祉、行政、学生)を掻き回す、産婆術的触媒と社会学者の兼業。 真面目な紹介は下記参照。 http://www.ygu.ac.jp/profile/h-takebata.html 「読めば読むほど味の出る!?伝言板」として始めたこのブログ、最近は割と長めのエッセイを書き散らしています。 日々のつぶやきは、ツイッターtakebataにて。 コメントもリプライもありませんので、何かあればh-takebataあっとまーくygu.ac.jpへ。