おもろい現場

大学にようやく慣れてきて、6月からボチボチ山梨の現場に出向き始めています。

僕は元々大学院時代からあまり大学に寄りつかず、色んな現場をほっつき歩いていました。特にここ2年間は、大学に所属はしていたものの、現場に入り込んでの実態調査を中心に行っていたので、いつも色んな現場の人との議論の中から何かを学ばせてもらう、という事が生活の中心となっていました。

なので、山梨に来ても、やっぱ現場は「おもろい(=関西弁で言う「楽しい」)」です。
しかも、山梨の地域福祉を少しでも理解するため、今まで開拓してこなかった現場にも飛び込みつつあります。昨日は子育ての分野のNPO法人の現場に、ゼミの学生さんと一緒に伺いました。現場の何がおもろい、って、一言で言うと「知らなかった事に出会えること」。昨日も、人を巻き込むことの上手なそのNPOの代表の方と話していて、発見や再発見の連続で、お話を聞いている間中ずっと、子供のように鼻がふくらみっぱなし、だったと思います。

そのNPOに限らず、「おもろい現場」には、必ず「おもろい人」がいます。色んなタイプの「おもろい人」と出逢って来ましたが、共通するのは、「欲深い人」である、という点。もちろん「欲」といっても、個人の利益の為に「欲深い」という訳ではありません。自分初で、自分がおもろいから始めた事なんだけれど、気づいたら自分に関わりの深いあることの為に片足だけでなく両足をずっぽりつっこんで、いつの間にかそれがミッションに変わっていた。そして、そのミッションを実現する為に、使える人材を見つけては、自分の近くに引きずり込んでいく魅力がある。その上で、ちまちました夢でなく、大きな野望をそのうち抱き始め、その実現の為に足下から着実に固めていく戦略的側面を持っている。でも基本的には楽観的性格で、「あかんかっても何とかなるわ」と思いながら、チャンスは逃さずモノにしていく。でも一つの成果に飽きたらず、次の事業・展開にお金も時間もエネルギーもどんどん突っ込んで(投資して)いく・・・。

挙げだしたらきりがないけれど、これって今はやりの言葉で言えば社会起業家(Social Entrepreneur)なんやなぁ、と思うんですが、ご自身が「起業家」っていう気持ちがないのも、「おもろい人」の特徴でもあるかもしれません。「何やしらんけど、いろいろやっているうちに、こんな風になってしもうた」というのが、多分ご本人の内心なのでしょう。でも、その「なってしもうた」「こんな風」がすっごく「おもろい現場」となっている事に変わりはありません。そして、そういう場に出かけると、こっちもエネルギーをたっぷりもらえるのが、これも「おもろい現場」に共通すること。昨日もそういう意味ではたっぷり充電させて頂きました。

週末も、大阪「おもろい現場」に出かけて、また充電させてもらってきます。関西だけでなく、山梨の「おもろい現場」でも充電しようと企んでいる僕自身も、もしかしたら「欲深い」ジャンルに入るのかもしれません・・・。

耳学問のススメ

今、耳学習にはまりつつあります。

発端は、ジムでウォーキングしている最中にたまたま読んだ日経ビジネスアソシエという雑誌で「話題の本は読まずに『聴く』」という記事に出会ったこと。この記事を読んでいなくても、その概略は記事に出てくる勝間さんの以下のページで見ることが出来ます。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/audio_book/2004/10/post_6.html

これを読んでいて、なるほど、確かに耳学問はいいよね、と再認識したバタ。8月のカリフォルニアでの仕事も控え、英語の耳を鍛えねば、と思っていた矢先で、家ではBBCを見ているけど、なかなかテレビの前で座ってもいられないなぁ、と思っていた時だったので、まさに救世主のようなお話でした。

彼女に触発され、早速アマゾンでブックCDを購入。とりあえず、シドニー・シェルダンの小説と、ドラッカーのコラム、それにWho moved my cheese?を購入。ついでにフラッシュメモリ型のプレーヤーもこの際購入してみました。今、それに落としている最中です。週末は大阪出張で、何せ片道5時間なので、みっちり耳学問にいそしもう、と思っております。

山梨の豊かさ

最近、山梨の豊かさを堪能しております。

特にはまっているのが「さくらんぼ」と「とまと」。
さくらんぼは、ある方に紹介して頂いた農園のさくらんぼがすごく甘くて美味しい。
今までアメリカ産のチェリーしか食べたことがなかった貧乏タケバタにとって、
国産のさくらんぼが、こんなにみずみずしく、美味しいとは思ってもみませんでした。

一方のとまと、なんですが、これはまあ本当に完熟で、青臭くて、すっごい
絶品。たまたま大学の近所でガソリンを入れていたら、そのスタンドの真向かいに
あった農家で自家売りをされているのを発見。露地物野菜が大好きなタケバタは
フラフラ寄ってみたら、おばさんに、「まあ一口どうど」と丸々一個を進められて、ガブリ。
これがたまげるほど美味しかった。以後、毎週の様にファンになって買いに来て
おります。正直、ここのトマトを食べ出したら、よそのトマトが食べられないほどの
おいしさ、です。

そのとまと屋さんは、これからはぶどう農園に早変わり、とか。山梨は、これから
桃にぶどうに、果物王国の本領を発揮する季節です。ある先生からこんなご忠告
まで頂きました。

「タケバタくん、ぶどうは色んな種類があって、どれもうまいぞー。でも、太るぞー!!!」

今年は太っても、ぶどうをたくさん食べよう、と誓ったタケバタです。でも、ちゃんと
ジムにも通っております。さて、現状維持が出来るのか、ダイエットははたまた・・・。

高校生との真剣勝負

今日は静岡の高校で模擬授業をしてきます。

久しぶりに高校生との「真剣勝負」で楽しみです。
というのも、僕は実は、大学生よりも高校生とのつきあいの方が長い
からです。

大学1年生の時に浪人生に教えていらい、「インチキ英語講師」業を
8年くらいしてきました。なぜ「インチキ」かというと、もちろん受験に
受かる英語は教えていたつもりですが、恩師T先生に比べたら英語力
は足下にも及びません。そこで、英語を教える以外にも、勉強法の
コーチングや、進路指導に三者面談、あげくの果てには人生相談まで
結構精力的にこなしており、そっちの方がむしろ定評があったからです。
英語で試験に落ちた子も小論文指導で受かった時など、いったい僕は
何屋なんだろう、と思ったほどです・・・。

高校生って「知りたい」「何かおもしろいことしたい」という望みは強くある
のだけれど、実際に目の前にある「受験」という足かせを前に、なかなか
一歩を踏み出せず、また受験にエネルギーの焦点を当てにくい年ごろ
でもあります。もっと言えば、学校の授業にうまくマッチングしなかったり、
自分のリズムがつかめず、「どうせ自分なんて」とマイナスの評価を自分
に貼り付けている高校生にも数多く接してきました。そして、そんな彼ら
彼女らをいかに短時間で「ひっくり返すか」に命をかけていました。

受験勉強は、大学に入った後の勉強に比べたら、実はめちゃくちゃ楽です。
もちろん覚えることや、こなすべき事はたくさんあります。しかし、小論文
以外では、答えが決まっているのです。だって、×かで割り切れる
問題で、どれほどの水準が問われているか、が過去問で公表までされ
ているのですから。粛々と逆算して、要求水準にどう近づけていくか、
を本気で冷静に考え、イメージがつけば、あとは黙々とその要求水準に
まで登り詰める努力をすれば、結構な確率でその努力は報われます。

「そんなこと言ったって、うまく成績が上がった試しがない」という人は、
自分が何がどこまでわかっていないのか、の分析不足。中一の英語の
レベルがわからなかったら、高三でも予備校生でも、そこから勉強し直し
たら、一年くらいあれば目覚ましい改善が期待できます。実際にそうやって
一年で学力を恐ろしく伸ばして、彼ら彼女らのあきらめをひっくり返す、
ことのお手伝いをしてきました。

そして、大学生の前で伝え始めて、改めて思うのです。高校と大学は
違う、と。大学で僕が担当する「地域福祉論」「ボランティア・NPO論」
とも、一つの正答なるものがない、議論の多い分野です。その国の
社会情勢や、社会政策の力点の置き方によって、中身はどんどん
変わっていきます。現在進行形の分野です。答えを確定させることも、
一元化させることも出来ないし、それをしたら危険な分野です。つまり、
一つの答えを説明することよりも、様々な考えや現実を学び、そこから
一つの自分なりの考えを導きだすことが求められる分野です。

とはいえ私が出会う大学の学生さんの中にも、「考えること」を暗記
で乗り切ろうとしてどつぼにはまっている人、どうやって考えていい
のかわからず、四苦八苦している人、もいます。そんな彼ら彼女らに
「考える練習」の素材を提供するのも、大学での教員の役目だ、と
思っています。大学の授業でも、常にこのことは意識して、授業の
中に「考える練習」を取り入れようとしています。

だからこそ、高校時代までに○×問題の訓練をある程度行うことが
意味がある、と明日は高校生にお伝えするつもりです。答えのない問い
に向き合うためには、答えのある問いの解き方をわかっていて、思考
方法について色んなパターンを知っていた方が得です。自分で推論
するための合理的思考を導き出す訓練にもつながります。なので、
ちゃんと受験勉強を通じても「ものを考える訓練」をし続けてほしい、
そう、高校生に伝えにいくつもりです。

少しは響いてくださる方がいればいいのだけれど・・・。

復活初日を迎えて

いよいよwebスルメが復活しました。

ブログなどは1ヶ月前から試行的に動いていたのですが、全面公開は
今日から、ということです。久しぶりの公開に不安と楽しみで少しドキドキ
しております。

実はスルメのネット版、というのは、予備校講師時代に1,2年、その後
専門学校や大学の講師の時に2,3年、続けていました。ただ、僕自身
の仕事が安定していなかったため、不定期の更新で、しかも統一性が
あまりない、不確かなページでした。

今回、山梨学院に所属して再開するにあたり、偉大なる親友N氏の全面
的協力を得て、デザインも一からやり直し、コンセプトも練り直し、中身を
充実しております。その目玉の一つがこのブログ。出したからには、出来
る限り、いろんなことを書きながら、頻繁の更新を目指します。こうご期待。

それと、最近読者になってくださった方へ。実は、このスルメは7年ほどの
歴史があり、予備校講師時代のデータも相当ストックがあります。この夏
あたりから、徐々にそのストックも放出していくつもりです。そちらの方も、
ご期待くださいませ。

一進一退

うまくいったかな、と思ったら、また失敗したり、と一進一退、です。
授業って本当に難しいですね。

授業の性質上、彼ら彼女らが何を私に期待しているか、という元々の期待値
が違います。シラバスを見て「面白そう」と主体的に授業を取って下さる方が
いる一方で、「単に単位取得のため」「行きたくないけど必修だから」という方
もいます。もちろんどういう動機の方であれ、授業に関わる中で、こっちにも
少しは向いてもらいたい、というのが本心なのですが、特にネガティブな動機
であったり、授業に参加することに意味を見いだしにくい方へのアプローチは
難しいなぁ、と思っています。

僕自身、出会う学生さんとの一期一会はすごく大切だ、と思っています。
それが、自発性に基づくものであれ、嫌々僕の前に現れて下さったものであれ。
そして、とにかく出会った僕が、どれほど皆さんとの対話を通じ、少しは皆さんの
何かを刺激し、はぐくむ役割を担えるかどうか・・・。これはすごく難しいけれど、
僕にとって重要で大切な挑戦です。

うまくいかないこともあるけれど、それは次のチャレンジのためのいい教訓のはず。
沈み込んでしまわず、冷静に分析して、次回の学生さんの笑顔につなげたい、
そう思う梅雨の今日この頃です。

 

投稿者 bata : 10:54 | コメント (0)

当たり前のことなのだけれど・・・

整理整頓、ってほんと大事だと思う。

朝から部屋の片づけをして、書類もばっさり捨てて、必要な電話もかけて、
食器洗って、洗濯物をたたんで、お風呂も洗って、メールの返信もして、
クリーニング出して、たまっていた支払いも終え、通帳に記帳もし、車を
洗車機にかけて・・・としていると、ようやくさっぱりした気分になった。

とにかくリスのようにいろんなものをため込んで、ため込んだことを
忘れられたらいいのだけれど、頭の片隅に残っていて、大変気持ちの
悪い状態。これが解消されたのはすっごくよかった。研究も学務も、
整理整頓した上じゃないとはかどらないものね。

というわけで、すっきりした頭で、昼から研究室で明日のスルメと格闘
いたします。ちなみに週末大阪に仕事に出かけ、髪もすっきりして
きたし、すっきり尽くめ、ですね。

緑深き6月

土曜の朝、久しぶりに自宅の窓から近所の愛宕山を眺めると、愛宕山の緑は
相当深いものになっていた。そういえば、ここしばらく愛宕山をこんな風に
眺めることはなかったよなぁ、と気づいた。

いろいろな事情があって、3月中旬には甲府に引っ越しをしてきたのだが、4月
までの20日あまりは、本当にエアポケットのように空白の日々だった。研究室
の鍵を正式にまだ貰っておらず、大学がまだ居場所にもなっていなかった
日々。かといって本や書類一式は引っ越し時に研究室に運び込んでしまい、
がらんとした自分の部屋で、毎日ぼやーんと愛宕山を眺めていた。今思うと
本当にエアポケットだったと思う。

それから2ヶ月。気づけば我が家では、家事をしているか、妻とご飯を食べ
ながらおしゃべりしているか、それとも疲れ果てて寝ているか、の三パターン
しかこなしていない現場であった。でも、ようやく平穏を少しずつ取り戻し、
今日は朝から雀のチュンチュンいうのを聞きながら、こうして朝からボンヤリ
できている。こういうメリハリが大事なんだよなぁ、と思う今日このごろだ。

とはいえ、今日は昼から東京で泊まりがけの研究会。あと1時間後には
「あずさ」に乗らねばならない。僕はいつも出かける直前までボンヤリぐずぐず
していて、ぎりぎりになって必死で用意して、奥さんに怒られながら直前に
駅まで送ってもらい、走って電車に飛び乗ることが多い。今日くらいは、あと
1時間しかないのだから、ちょっとまじめにいまから用意して、余裕綽々で
駅で電車を待とうと思う。

なんて、こういう風にギリギリになって「スルメも書かなきゃ」「メールの返信は」
などとやっているから、また遅れそうになるのだ。今日はもうこの辺でおしまい。
さて、荷造りをまじめにしなきゃ。

ようやく・・・

ようやく、ペースがつかめてきた、かもしれない。

4月5月と、腰の落ち着けどころがなく、どうしていいのか定まらず、右往左往だった。
新しい環境に慣れること、新しい課題に取りかかること、その中で一つ一つの出来事
に対応していくこと・・・。本当に必死の日々だった。

まだ「慣れた」とは言えない。でも、ペースが少しずつ掴めるようになった気がする。
そして、それと共に、新しい環境・課題の中で、「自分に出来ること」と「求められている
こと」の整合性が、少しずつではあるけれど、取れるようになってきたかもしれない。
簡単に言えば「自分らしい仕事」が、ちょびっとずつではあるけれど、芽生え出した
ような気もする。すると、僕もようやく落ち着けるようになってきた、そんな感じだ。

そんな力をくれたのは、やはり「現場」だった。関西の現場だけでなく、今週から山梨の
現場にも足を運び始めた。やっぱり研究室に閉じこもっておらず、現場の空気を吸い
ながら考えていると、硬直した頭が少しは柔らかくなり始める。そして、いろんなアイデア
を現場で頂く。これがなきゃ、僕らしくない。

来週以後も、定期的に、いろんな現場に出かけていこうと思う。時には学生さんたちと
一緒に。そして、現場のエネルギーを吸い込んで、授業の場で新たな何かを学生さんに
伝え、共に考える、という作業を繰り返していこう。そういう循環作業の中で、僕自身、
もっと勉強したいと思うし、成長していこう、と思う。

ようやく、いい流れになってきた!

渦の底から・・・

ここしばらく、落ち込んでいた。昨日から今朝にかけて、最悪だった。
どんな風に学生エンパワメントに役立つ授業をすればいいのだろう、
僕には何が出来るのだろう、と悪循環の渦の中に引き込まれていた。
全てのことが嫌になりかけていた。そして、恩師にSOSの電話をかけた。

恩師はさすがだった。僕が悩んでいたことに対する的確なアドバイスを
して下さっただけでなく、肩の力が入りすぎていたこと、気づいたら僕らしさ
がなくなっていたこと、まで気づかせて下さった。久しぶりに恩師の名調子
を聞きながら、見失いそうになっていたものに想いをはせた。まずは足下
を見ながらきっちり実践を重ねる大切さ、おもしろさ、を思い出しただけで
なく、これなら自分でもやってきた事だし、出来るじゃないか、という勇気
まで頂いた。本当にありがたかった。僕もこれで来週以降、少しは変われ
そうな気がする。何より実践で楽しんでいけそうな気がする。

久しぶりに、我が師の偉大さを再認識した。本当に、ありがたい。
来週以降、実践するなかで僕らしいtrial&errorを繰り返していこう、と
想いを新たにした。